HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬食審医薬品第一部会】再発型多発性硬化症の治療薬「ナタリズマブ」をオーファン指定

2008年4月30日 (水)

関連検索: 医薬品第一部会 オーファン 希少疾病用医薬品

 薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は25日、再発型多発性硬化症の進行抑制・再発抑制の治療薬を目指して開発されるナタリズマブ(申請者・バイオジェン・アイデック・ジャパン)を、希少疾病用医薬品に指定することを決めた。開始時期は未定だが国内治験を計画中。

 同剤は、免疫細胞の血液脳関門通過を阻害する抗α‐4インテグリン抗体製剤で、海外では「タイサブリ」の名称で販売されている。

 再発抑制の治療にはIFNβ‐1a(アボネックス)、IFNβ‐1b(ベタフェロン)などがあるが、厚生労働省医薬食品局によると、海外の臨床試験ではIFNβ‐1a、IFNβ‐1bより再発率を低下させることが認められている。

 タイサブリは、進行性多巣性白質脳疾患(PML)という、重症の脳のウイルス疾患が有害事象としてみられたことから、米国で2005年に一時市場撤退したものの、06年にFDAは他にPML症例がなかったことや、安全な使用のための計画のもとに処方することで、販売再開を認めていた。

 日本の治験についてバイオジェン・アイデック・ジャパンは、「現在計画中で、はっきりといつからとは申し上げられないが、なるべく早く行いたい」としている。

関連検索: 医薬品第一部会 オーファン 希少疾病用医薬品




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録