HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【基盤研/理研/JST】創薬標的発見へAI開発‐肺癌と特発性肺線維症が対象

2018年8月16日 (木)

21年度メドに一つ以上目標

 医薬基盤・健康・栄養研究所、理化学研究所、科学技術振興機構(JST)は9日、肺癌と特発性肺線維症(IPF)の新規創薬ターゲットを発見する人工知能(AI)の研究開発を行う連携研究プロジェクトを、今夏から開始したと発表した。臨床情報や文献などを蓄積させたデータベースを利用し、昨年度から基盤研が取り組んできた内容を複数の組織で加速・拡大させるのが狙いだ。2021年度末をメドに一つ以上のターゲットを発見し、製薬企業に提供したい考えである。

 プロジェクトは、肺癌と原因が特定できない特発性間質性肺炎の一つであるIPFの新規創薬ターゲットを発見して製薬企業に提供することを目的としている。肺癌は罹患率が高く、大規模な医療データベースが蓄積されている。IPFは根本的な治療法がなく、探索余地が大きいことから対象に選んだ。肺癌とIPFの創薬ターゲットを製薬企業に提供することで、研究開発投資の拡大と医療の質向上を目指す。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録