HOME > 無季言 ∨ 

チェックは日頃から

2008年5月14日 (水)

◆清涼飲料に農薬等が混入していた事件は、飲用した人が入院あるいは健康被害を受けたことで大きくクローズアップされるが、未然の対処で大きな被害に至らなかった事例もあるようだ。先月、千葉県内で、ドリンク剤「エスカップ」の中身がすり替えられていたのも、その一例
◆佐倉市内の薬局で、10本入り1箱(医薬部外品)を購入した女性がそのうちの1本を飲もうとした時、普段より液面が1cmほど高く、ねじ切りタイプの金属キャップが開栓されていたため、製造元に連絡して判明した
◆エスエス製薬では当該品のほか、残りの未開封製品を調べたところ、異物等は確認できず、どうやら混入されていたのは水という。製造工程での問題でもなかった。女性も被害届を出さず、事件性もないという結果となった
◆ずいぶん前だが、街の薬局経営者から「飲み終わったドリンクを差し出して、中身が入ってないと言う客に、店頭でのトラブルを避けるため仕方なくもう1本出している」との話を聞いたことがある。いわゆる悪質クレーマー対策だが、これに限らず、改めて日頃からの管理と十分なチェックは怠らないことが肝要だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録