HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【田辺三菱製薬】世界初の治療用遺伝子組換え人血清アルブミン製剤を発売

2008年5月20日 (火)

関連検索: 田辺三菱製薬 世界初 遺伝子組換え人血清 アルブミン製剤 バイファ

遺伝子組換えアルブミン製剤「メドウェイ」
遺伝子組換えアルブミン製剤「メドウェイ」

 田辺三菱製薬は、19日より遺伝子組換えアルブミン製剤「メドウェイ注25%50mL」「同5%250mL」の販売を開始した。アルブミンの遺伝子組み換え製剤は、欧米でワクチンなどの添加剤としては承認されていたが、アルブミンの補充を目的とした治療用では世界初になる。遺伝子組換えアルブミン製剤は、連結子会社のバイファ(本社・千歳市、社長森本裕紀氏)と共同開発したもの。

 田辺三菱製薬は、1981年から未知の感染性物質に対する安全性確保と血漿分画製剤の国内自給化の推進を目的に、遺伝子組換え技術を応用した人血清アルブミン製剤の開発に着手してきた。

 従来のアルブミン製剤は人の血漿を原料としており、日本ではその半数を輸入に頼っていた。新発売された「メドウェイ」は、人血漿を用いず、遺伝子組換え技術を使ってピキア酵母で産生、精製した製剤で、高純度の人血清アルブミンの大量製造と供給が可能となった。また、製造工程でウイルスやプリオン等の感染性物質混入の恐れある動物由来原料を使っていないため、感染リスクが少ないというメリットがある。

 同剤の共同開発先で唯一の製造設備を持つバイファが製造を行い、連結子会社のベネシスともプロモーション提携し、田辺三菱製薬が販売を行う。

 薬価は、「メドウェイ注25%50mL」1瓶、「同5%250mL」1瓶共に9602円。

 今後の販売方針については、製造販売後調査(最長3年)を最優先に行い、慎重かつ適切なプロモーションを実施することで、日本におけるアルブミン製剤の自給化推進を図ることにしている。

関連リンク

関連検索: 田辺三菱製薬 世界初 遺伝子組換え人血清 アルブミン製剤 バイファ




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録