HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共】独「U3ファーマAG」を買収”癌・抗体医薬を強化

2008年5月22日 (木)

関連検索: 第一三共 買収  抗体医薬 バイオ企業

 第一三共は21日、独バイオ企業「U3ファーマAG」を1億5000万ユーロ(約245億円)の現金で買収すると発表した。癌領域と抗体医薬の強化が狙いで、同社は今回の買収によって2つの抗体を獲得。循環器領域などに比べて手薄だった癌領域のポートフォリオを充実させていく方針だ。

 U3ファーマは、2001年に設立された癌領域に強い独バイオ企業。主要な開発品には、米アムジェンと共同開発中の抗HER”3抗体「U3”1287」、抗HB”EGF抗体「U3”1565」を保有する。「U3”1287」は、6月にPIが開始される予定で、「U3”1565」も09年の第4四半期にはPI入りする見通しだ。

 今回の買収により、第一三共は「U3”1287」と「U3”1565」の2品目を獲得すると共に、U3ファーマが提携している独マックスプラン研究所との提携を通じて、癌領域の創薬研究力を強化していく方針だ。

 第一三共は、中長期的な目標の一つに癌領域のパイプライン充実を掲げているが、抗DR5抗体「CS”1008」、PPARγ作動薬「CS”7017」、抗EGFR抗体「DE”766」の3つのモノクローナル抗体を保有するにとどまっている。

 今回、新たに有望な癌領域の2抗体を導入したことで、さらに癌領域ポートフォリオの拡充を目指していくとしている。

関連リンク

関連検索: 第一三共 買収  抗体医薬 バイオ企業




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録