HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】抗潰瘍性大腸炎薬「エンタイビオ」、日本でも新発売‐消化器領域の世界戦略製品

2018年11月9日 (金)

 武田薬品は7日、潰瘍性大腸炎治療剤「エンタイビオ点滴静注用300mg」(一般名:ベドリズマブ)を新発売した。消化器領域を重点領域に位置づける中、同製品はグローバルでは既に60カ国以上で承認され、来期売上3000億円を計画するなどトップ製品に成長している。国内では潰瘍性大腸炎適応の新規作用機序を持つ医薬品として、大型製品への育成を図る。

 エンタイビオは、海外ではエンティビオの製品名で販売している中等症から重症の潰瘍性大腸炎、クローン病に対する治療薬で、抗α4β7インテグリン抗体。既存治療で効果不十分な患者に使用する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録