HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【古河市薬が実施】「古河モデル」でケアマネとの連携探る‐“気づきシート”作成し調査

2018年11月29日 (木)

 茨城県古河市では10月から、市内60余の薬局とケアマネージャーとが協働し、在宅療養患者の服薬に関わる問題をスクリーニングし、その情報をもとに薬剤師が介入することで残薬削減、重複処方の解消などにつなげる連携事業「古河モデル」がスタートした。18日につくば国際会議場(茨城県つくば市)で開かれた第29回茨城県薬剤師学術大会で古河市薬剤師会の高橋真吾氏(古河中央薬局日赤前)が発表した。

 古河市薬は、独自に「在宅服薬気づきシート」を作成、これを用いたケアマネからの情報を起点とした連携の仕組み「古河モデル」を茨城県ケアマネージャー協会古河地区会とで構築した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報