HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本印刷】患者の服薬状況を把握‐包装を開けた時刻が記録

2018年12月6日 (木)

神戸大学附属病院薬剤部での抗癌剤パッケージ

神戸大学附属病院薬剤部での抗癌剤パッケージ

 大日本印刷は、患者の服薬状況を把握できる服薬支援システム「DNPモニタリングシステムYour Manager」を開発し、昨年から量産化を始め、研究用途での活用が始まった。台紙にPTP包装の錠剤を最大35個設置でき、一つひとつの錠剤を取り出したときにパッケージの開封時間、開封場所が台紙に組み込まれた電子基板に記録され、患者がその台紙を医療機関へ持参すれば、無線通信からパソコンやスマートフォンにデータを表示できる。将来的にはIoTデバイスとして、多職種間でリアルタイムに服薬に関する情報を共有できるようにし、製薬企業が開発する新薬の治験で導入を目指していく方針だ。

 同社は、パッケージ開封時に時刻の記録が可能な「パッケージタイプ」、患者に対するアンケート用としてカードのボタンを押すことで、記載された痛みの強さや体調などの質問への回答と、ボタンを押した日時が記録できる「カードタイプ」を提供している。医療機関から患者に配布し、患者がパッケージから薬を取り出すと、台紙内部に電子基板を配したシステムであるため、マイコンが接触や通電、断線を検知し、記録・蓄積される仕組みだ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録