HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アステラス製薬】186億円で米ベンチャー買収‐新規癌免疫療法薬を獲得

2018年12月18日 (火)

 アステラス製薬は14日、米国バイオ企業「ポテンザ・セラピューティクス」を買収した。癌免疫療法薬の獲得が狙いで、2015年にポテンザとの独占的研究開発契約に基づき、アステラスが同社を買収する独占的オプション権を行使した。ポテンザを完全子会社化する対価として1億6460万ドル(約186億円)を支払い、臨床開発段階にある複数のプログラムの進捗に応じて最大で総額2億4010万ドル(約272億円)の買収額に達する可能性がある。臨床開発段階にある三つの癌免疫療法薬を獲得し、癌領域の製品ポートフォリオを強化したい考えだ。

 ポテンザは14年に設立し、従業員は19人。アステラスは15年からポテンザと共同研究を開始し、ポテンザが保有する免疫刺激や、免疫チェックポイント阻害、制御性T細胞機能を標的とした新規作用機序のシーズを導入することで、3種類の新薬候補プログラムを創出した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録