HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省検討会が報告書】NCの研究横断支援組織、「当面は内部機能」で決着‐将来あり方、早急に結論を

2018年12月17日 (月)

 厚生労働省の「国立高度専門医療研究センター(NC)の今後のあり方検討会」は12日、NC6機関の役割を明記した報告書をまとめた。議論の焦点となっていた各NC共通の研究機能を推進する組織のあり方については、当面は「6NCの法人格を維持しつつ、研究業務の横断支援機能をNC内部の機能として位置づける」案を採用。来年度から整備した上で、2020年度から始動させる。ただ、新法人設立を含め、将来的な組織のあり方について早急に結論を出すべきと促した。

 報告書は、▽NCの有機的・機能的連携に向けた組織体制▽NCが果たすべき役割▽研究開発のあり方▽医療提供のあり方▽人材育成のあり方▽情報発信・政策への活用のあり方▽各NCの当面の課題――の7項目で構成。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録