HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【富士製薬】ルクセンブルク企業に出資‐BSの国内事業化で提携

2018年12月20日 (木)

 富士製薬は、バイオシミラー(BS)の国内事業強化を目的に、ルクセンブルクの製薬企業「アルヴォテック・ホールディング(HD)」に5000万ドル(約56億円)を出資することに合意した。アルヴォテックの株式4.22%を保有し、アルヴォテックHDに対して富士製薬から取締役1人を派遣する。11月に独占的パートナーシップ契約を締結したバイオシミラーの開発を手がけるアイスランド子会社「アルヴォテックhf」との関係を強化することが狙い。日本で商業化を予定している同社の複数のBSについて、研究開発の進捗状況をタイムリーに把握することが可能となる。

 富士製薬は、アルヴォテックが開発する複数のBSについて、日本で商業化することを目的とした独占的パートナーシップ契約を11月に締結。現在、BSではG-CSF製剤「フィルグラスチムBS注シリンジ『F』」を販売しているが、ジェネリック医薬品(GE薬)事業単体では今後の継続的な成長が難しくなることが予想される中、原薬の調達から製剤化までカバーしているアルヴォテックと提携することで、国内のBS事業を強化していく考えだ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報