HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】抗インフル原薬も備蓄‐新型対策で方針追加

2019年1月18日 (金)

 厚生労働省は、新型インフルエンザのパンデミック発生時に備え、製剤として備蓄補完を行っている抗インフルエンザウイルス薬の備蓄について、原薬を追加することを厚生科学審議会の小委員会に提案し、了承された。備蓄を開始した2005年当時は、国内に薬剤の製造工場がなかったが、現在では製造工場で安定的な製造体制が確保されていることから、保管費用削減の観点からも原薬備蓄が必要と判断した。原薬の備蓄は国の備蓄とする。

 新型インフルエンザのパンデミック発生時の抗インフルエンザウイルス薬の備蓄については、現在オセルタミビル、ザナミビル、ラニナミビル、ペラミビル、ファビピラビルが対象となっており、製剤として備蓄保管を行っている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報