HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【NTTドコモ】エムスリー株式3%を取得‐健康経営支援で新会社

2019年3月5日 (火)

 国内通信最大手「NTTドコモ」と医療IT最大手「エムスリー」は2月28日、資本・業務提携契約を結び、4月1日付でドコモがエムスリー株式の3%を取得し、企業の健康経営を支援する合弁会社「エンフィール」を設立すると発表した。株式取得価格は約333億円。両社で健康に関する新規ビジネス創出を目指す。ドコモの完全子会社で医療データベース事業を展開する「日本アルトマーク」の全株式はエムスリーに66億円で譲渡し、エムスリーの完全子会社になる予定で、製薬企業向けマーケティング支援事業を強化する。

 強力な通信インフラと約6900万人のdポイントクラブ会員を保有するドコモと、国内医師の約9割を会員に持つエムスリーは、医療費高騰の社会課題に対し、国民一人ひとりの健康に資する新規ビジネスを創出し、両社で健康産業を牽引する目的で新会社設立を決めた。これまで直接の協業はなかったが、ドコモとエムスリー子会社「キューライフ」では、製薬企業向けの疾患啓発、治験の被験者募集で協業を行っていた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報