HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ジーンテクノサイエンス】歯髄幹細胞由来製品、年内に臨床研究開始へ

2019年03月18日 (月)

谷匡治社長

谷匡治社長

 国内バイオベンチャー「ジーンテクノサイエンス」(GTS)の谷匡治社長は12日、都内で会見し、歯髄幹細胞による細胞治療で基盤技術を持つベンチャー「セルテクノロジー」を子会社化したのに伴い、歯髄幹細胞由来製品の医師主導臨床研究を年内に開始する方針を明らかにした。国内でバイオシミラーを販売している同社だが、歯髄幹細胞由来製品を実用化することで、「再生医療領域に参入し、新規バイオ事業の柱とする」と強調。製薬企業との提携にも意欲を示した。

 GTSは、2001年に北海道大学発ベンチャーとして設立し、12年には国内でG-CSF製剤「フィルグラスチム」のバイオシミラーを上市している。バイオシミラーで収益を下支えし、バイオ新薬で売上を積み上げるビシネスモデルを描いていたが、セルテクノロジーの買収で再生医療でも事業化を目指すことになった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報