HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省検討会】緊急避妊薬、オンラインで処方可‐薬局で服用など条件

2019年4月3日 (水)

厚労省検討会

 厚生労働省は3月29日に都内で開いた「オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」で、オンライン診療による緊急避妊薬の処方を条件付きで認める方向性を確認した。十分な知識を持った医師による説明や、服用後に妊娠していないかを確認するための3週間後の産婦人科受診、処方箋を持って行った薬局の薬剤師の前で服用することなどを条件とし、原則、初診は対面診療とするオンライン診療の例外扱いとする。

 緊急避妊薬は、望まない妊娠を避けるための手段の一つだが、処方薬であるため、医師による対面診療が必要になり、入手しづらいことなどが課題となっていた。ただ、オンライン診療で処方する場合、緊急避妊薬を用いても避妊を防げないケースがあることを患者に十分説明できない可能性があるほか、緊急避妊薬が必要以上に流通して転売されることなどが懸念されている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報