HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共HC】5年後「売上高1000億円」実現へ‐新社長・会長が会見

2019年4月8日 (月)

さらなる飛躍へ初の中計策定

会見する吉田社長(左)と西井会長

会見する吉田社長(左)と西井会長

 第一三共ヘルスケアの吉田勝彦社長、西井良樹会長は1日、都内の薬業記者会内で会見し、今月から新たな経営体制となってスタートした同社の展望などを説明した(両氏共に1日付で就任)。この中で吉田新社長は、今年度(2019年度)から5カ年の中期経営計画を策定し、「最終年度の23年度には『売上高1000億円』を目指し、全社一丸となって邁進していく」ことを報告。さらには、今後も独自の製品開発力とマーケティング力を生かし、スイッチOTCをはじめとしたOTC医薬品やスキンケア・オーラルケア等の製品を通じ、「企業理念にも掲げた“より健康で美しくありたい人々のQOL向上に貢献する”ことに努めたい」などと抱負を述べた。

 吉田社長は1960年7月生まれの59歳で、東京都出身。83年に早稲田大学法学部卒、同年4月に藤沢薬品入社、04年にゼファーマ取締役経営企画部長、07年に第一三共ヘルスケア執行役員経営企画部長、11年4月に取締役執行役員経営企画部長、16年4月に取締役専務執行役員経営企画・業務推進・研究開発担当、昨年4月に取締役専務執行役員業務推進管掌兼経営企画部長、そして今月1日付で代表取締役社長(社長執行役員)に就任した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報