HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【19日に第二部会】「ポートラーザ」など審議‐アバスチン後続品を報告

2019年4月10日 (水)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は19日、日本イーライリリーの抗癌剤「ポートラーザ点滴静注液」(一般名:ネシツムマブ[遺伝子組み換え])など2件の製造販売承認と一部変更承認について審議する。審議予定品目は以下の通り。

 ▽ポートラーザ点滴静注液800mg(日本イーライリリー):新有効成分のネシツムマブ(遺伝子組み換え)含有の抗癌剤で、効能・効果は非小細胞肺癌。

 ▽イナビル吸入懸濁用160mgセット(第一三共):有効成分のラニナミビルオクタン酸エステル水和物を含有する抗インフルエンザウイルス剤で、小児や肺機能が悪い患者向けに、懸濁液を霧状にして吸入できる新剤形を追加する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報