HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【米メルク】キイトルーダが米承認‐肺癌で単剤療法可能に

2019年04月25日 (木)

 米メルクは、抗PD-1抗体「キイトルーダ」(一般名:ペムブロリズマブ)について、進行・転移性非小細胞肺癌(NSCLC)の初回治療で米国追加承認を取得した。第III期のNSCLC、転移性NSCLCについて、PD-L1陽性でEGFR変異やALK融合遺伝子の変異がない患者に対し、単剤療法での初回治療が可能になる。

 今回の承認は、国際共同第III相試験「KEYNOTE-042」の結果に基づくもの。

 キイトルーダの単独療法は、PD-L1が50%以上の腫瘍に発現する患者、20%以上の腫瘍に発現する患者、全患者のいずれにおいても、化学療法に比べ、有意な生存期間の延長が認められている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報