HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中医協総会】癌ゲノム検査の保険適用‐要件を了承

2019年04月26日 (金)

 厚生労働省は24日、患者一人ひとりの癌遺伝子変異に適した治療を行う癌ゲノム医療に用いる「遺伝子パネル検査」の保険適用について、医療機関が患者の同意を得て「がんゲノム情報管理センター(C-CAT)」にデータ提出することなどを要件とする案を中央社会保険医療協議会総会に示し、了承された。個人情報保護関連法令を遵守し、コンパニオン診断としての検査はパネル検査として算定できないこととした。より詳細な要件や価格などについては、今後の総会で検討する。

 遺伝子パネル検査は、癌患者の治療に役立つ情報を得るため、一度に複数の遺伝子変異を調べることができる。癌関連遺伝子領域を濃縮し、DNAシークエンサーで塩基配列を決定。塩基配列をデータベース情報と照合し、遺伝子異常を検出する。専門家で構成されるエキスパートパネルが結果をレポートとして作成し、患者の治療方針決定に活用する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報