HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品・湘南アイパーク】大学や企業に無料提供‐研究開発の出口戦略も支援

2019年05月21日 (火)

藤本利夫氏

藤本利夫氏

 武田薬品の国内研究拠点「湘南ヘルスイノベーションパーク」(湘南アイパーク)の藤本利夫ジェネラルマネージャーは15日、藤沢市で開催した開所1周年記念フォーラムで、有望なシーズや技術を持つ大学・企業に対し、無料もしくは格安な価格で施設を提供する「インキュベーションシステム」を開始すると発表した。大学や企業が研究成果を生み出せれば、湘南アイパークが対価を受け取る仕組みだ。藤本氏は、「埋もれているシーズや技術を発掘し、ベンチャーキャピタルネットワークの設立も目指す」との方向性を述べた。

 インキュベーションシステムは、湘南アイパークの選定委員会がシーズ、技術を保有するアカデミア・企業を選定。選定されたアカデミア・企業は一定期間、湘南アイパークの施設を無料・格安で使用でき、知的財産コンサルティングや薬事・臨床サポートも受けられる。さらに研究開発の出口戦略として、企業とのマッチングやベンチャーキャピタルネットワーク設立も目指していく。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報