HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東大阪市、近大ら協定】薬学生が災害対応を支援‐薬剤の仕分けなど人材育成

2019年06月06日 (木)

市と大学、薬剤師会で協定を締結

市と大学、薬剤師会で協定を締結

 東大阪市と近畿大学薬学部、枚岡・河内・布施薬剤師会は5月30日、災害時に医薬品集積所で薬剤師を支援できる薬学生を育成する協定を結んだ。近大の薬学生が薬の仕分けや保管業務を手伝えるように3者が連携して講習会を開催する。災害現場で薬剤師が専門性の高い業務に専念できる環境を整えたい考えだ。

 今回の協定では、薬学生を「災害薬事サポーター」として育成する。災害発生時に市の要請を受けて、受講修了者の中から希望する学生がボランティアスタッフとして、医薬品集積所の作業を手伝えるようにする。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報