HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【塩野義製薬】抗インフル薬「ゾフルーザ」、予防投与で追加申請へ

2019年06月07日 (金)

 塩野義製薬は4日、抗インフルエンザウイルス薬「ゾフルーザ」の国内第III相臨床試験で、感染者の家族らに対する同剤の予防投与の効果が認められたと発表した。今後、この試験結果をもとに予防投与の適応追加の承認を国内で申請する計画だ。

 同試験は、インフルエンザウイルス感染症患者の同居家族や共同生活者750人を対象に国内で実施。被験者を同剤の1回投与群とプラセボ投与群に割り当てて比較した結果、投与後10日間にインフルエンザウイルスに感染し、発熱かつ呼吸器症状を発現した被験者の割合は、同剤投与群では1.9%となり、プラセボ投与群の13.6%に比べて有意に低かった。詳細な結果は今後、関連学術論文や学会で発表する予定だ。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報