HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日病薬東北ブロック大会】癌領域で広がる連携事例‐副作用管理、緩和ケアなど

2019年06月07日 (金)

日病薬東北ブロック大会

 免疫チェックポイント阻害薬の副作用管理や治療方針の決定支援、病院と地域による切れ目ない緩和ケアの実践など、癌領域における様々な多職種連携の取り組みが、1日に秋田市内で開かれた日本病院薬剤師会東北ブロック第9回学術大会で報告された。

 青森県立中央病院薬剤部の千葉典子氏は、免疫チェックポイント阻害薬の使用が広がる中、免疫関連有害事象(irAE)をチーム医療によって管理、対応している取り組みを紹介した。免疫チェックポイント阻害薬は、ニボルマブの発売後、様々な抗PD-1抗体が発売され、非小細胞肺癌など多くの癌種で治療選択肢の一つとなっているが、免疫抑制を解除することで免疫反応が過剰となり、副作用が生じることが分かっている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報