HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】「ゾフルーザ」にショック例‐アナフィラキシーの副作用も

2019年06月07日 (金)

 厚生労働省は4日、塩野義製薬の抗インフルエンザウイルス剤「バロキサビルマルボキシル」(販売名:ゾフルーザ)に重大な副作用としてショック、アナフィラキシーが見られたことから、添付文書の「使用上の注意」を改訂するよう同社に指示した。

 ゾフルーザ錠10mg、同20mg、同顆粒2%分包については、「重大な副作用」の項に「ショック、アナフィラキシー」を追記する。国内における直近3年間の副作用症例の集積状況では、ショック、アナフィラキシー関連症例が42件報告され、そのうちゾフルーザとの因果関係が否定できない症例が16件含まれることから、専門家の意見を踏まえ、添付文書の使用上の注意を改訂することが適切と判断した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報