HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬事日報調査】6年制大学院、約6割が定員割れ‐11校で進学者がゼロに

2019年06月17日 (月)

 全国薬科大学・薬学部の2019年度の大学院進学者について、6年制学科に続く4年制博士課程は約6割の大学で定員を割り込んでいることが、本紙の調査で明らかになった。大学院を設置している66校のうち、6年制に続く4年制博士課程の定員数494人に対し進学者は458人とほぼ定員を確保していたが、各大学の状況を見ると、約6割に上る38校で定員数を下回っており、そのうち11校では進学者がいなかったことが分かった。

 今年度は、横浜薬科大学で新たに薬学専攻博士課程(4年制)と薬科学専攻修士(2年制)が設置され、大阪大谷大学に薬学研究科の博士課程(4年制)が設置された。また、昭和薬科大学、大阪薬科大学、福岡大学では、4年制学科に続く博士前期課程(2年制)の定員が削減された。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報