HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【高田製薬】自社注射剤で海外展開へ‐東南アジア、南米市場を開拓

2019年07月19日 (金)

高田浩樹社長

高田浩樹社長

 中堅後発品メーカーの高田製薬は、自社で製造した注射剤で海外展開に乗り出す。海外初製品となる循環器疾患を対象とした注射剤では、昨年12月にベトナム、今年6月にはアルゼンチンで現地提携企業が承認を取得した。日本で製造した高品質な注射剤で海外市場を開拓し、特に注射剤の需要が高い東南アジアや南米地域で事業展開を進めていきたい考え。今後は注射剤に加え、小児科領域の製品やドライシロップ製剤、口腔内崩壊錠(OD)錠などを投入し、品揃えを拡大していく方針だ。

 同社は、小児科・アレルギー疾患領域に重点領域に据え、マスキングなど独自の製剤技術による付加価値製剤を強みとしている。国内の後発品市場環境が厳しさを増す中で、先発品メーカーに引き続き後発品メーカーも大手を筆頭に、海外での事業拡大を図る動きが加速している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報