HOME > 無季言 ∨ 

「三原モデル」

2019年07月29日 (月)

◆広島県三原市の病院薬剤師と薬局薬剤師は、患者の基本情報を共有するカードを作成し、昨年11月から配布を開始した。三つ折りにして、お薬手帳のカバーなどに差し込んで活用する
◆カードには患者氏名や住所、連絡先のほか、病歴、治療経過、副作用、アレルギー、体質、生活習慣、健康食品の使用有無などを記入する。表紙には三原市のキャラクター「やっさだるマン」が描かれ、見た目のインパクトは強烈
◆お薬手帳には通常、患者基本情報記載欄があるが記載漏れも多い。カード配布時に薬剤師が説明し、一緒に情報を記入することで記載漏れを解消。その結果、多職種が随時、必要な情報を把握した上で関与できるようになる。お薬手帳更新時に情報を転記する手間も省ける
◆昨年5月に発足した三原市薬剤師連携を考える会が作成。退院時薬剤情報の記載フォーマットも統一し、お薬手帳等を介して情報を共有している。“三原モデル”と称し、一丸となって連携強化に取り組む姿勢を、他地域の薬剤師も見習ってもらいたい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報