HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【塩野義製薬】ゾフルーザ耐性で調査結果‐出現頻度を示すデータ

2019年09月06日 (金)

 塩野義製薬は2日、抗インフルエンザウイルス薬「ゾフルーザ」に耐性を示すPA/I38アミノ酸変異株の出現状況について、新潟大学で実施された特定使用成績調査の結果を発表した。同剤投与3~6日後の再診時にPA/I38Tアミノ酸変異など、PA蛋白質に変異の入った株の出現頻度はA/H1N1pdm型感染患者で12.5%(32人中4人)、A/H3N2型感染患者で14.1%(64人中9人)だった。

 PA/I38Tアミノ酸変異株だけに限定すると、出現頻度はA/H1N1pdm型感染患者で6.3%(32人中2人)、A/H3N2型感染患者で10.9%(64人中7人)だった。

 調査は、国内の6医療機関を受診し、同剤の投与を受けた20歳以下のA型インフルエンザ感染患者96人を対象に実施。96人のうち、A/H3N2型感染患者の1人で同剤投与前の時点でPA/I38Tアミノ酸変異株が検出されていた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報