HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協会けんぽ調査】かぜに抗菌薬使用が減少‐処方に地域差、最多は奈良県

2019年09月10日 (火)

 全国健康保険協会(協会けんぽ)は、加入者の抗菌薬の使用状況に関する調査結果を公表した。2018年度の急性上気道炎に対する使用割合は31.4%で、3年間で10%以上減少。都道府県別では奈良県の48.9%をはじめ、上位3県で全国平均を上回った。種類別では、クラリスロマイシン(マクロライド系)が27.3%で最も使用されていたが、適正使用の手引きで推奨しているアモキシシリン水和物(ペニシリン系)の増加傾向も見られた。

 今回の調査は、協会けんぽ加入者の16年6月から2年間のレセプトデータを分析し、急性上気道炎で外来受診した患者を抽出。同疾患に対する抗菌薬の使用状況、使用されている薬剤の種類について、地域差を調べた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報