【新製品】COPD薬2剤を発売 アストラゼネカ

2019年09月11日 (水)

 アストラゼネカ(AZ)は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療剤「ビレーズトリエアロスフィア56吸入」(一般名:ブデソニド/グリコピロニウム臭化物/ホルモテロールフマル酸塩水和物)と、「ビベスピエアロスフィア28吸入」(一般名:グリコピロニウム臭化物/ホルモテロールフマル酸塩水和物)の2剤を新発売した。

 ビレーズトリエアロスフィアは、吸入ステロイド薬「ブデソニド」と、長時間作用性ムスカリン受容体拮抗薬(LAMA)「グリコピロニウム臭化物」、長時間作用性β2刺激薬(LABA)「ホルモテロールフマル酸塩水和物」の3成分を含有する配合剤。「慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の諸症状の緩解」の適応で使用する。

 一方、ビベスピエアロスフィアは、LAMAのグリコピロニウム臭化物、LABAのホルモテロールフマル酸塩水和物の2成分を配合した気管支拡張薬。「慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の気道閉塞性障害に基づく諸症状の緩解」の適応で使用する。

 用法・用量は、両剤ともに、AZの加圧噴霧式定量吸入器「エアロスフィア・デリバリー・テクノロジー」を使用し、1回2吸入を1日2回吸入投与する。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報