HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【Meiji Seika ファルマ】「ジプラシドン」第III相、主要評価項目達成できず

2019年09月19日 (木)

 Meiji Seika ファルマは、開発中の統合失調症治療薬「ME2112」(一般名:ジプラシドン塩酸塩水和物)について、国内第III相試験で主要評価項目を達成できなかったとする速報結果を発表した。詳細な結果を解析し、年内までに同剤の今後の開発方針を決定するという。

 同試験は、統合失調症の急性増悪期の患者を対象とした多施設共同プラセボ対照ランダム化二重盲検比較試験。主要評価項目は、精神症状の評価であるPANSS総スコアのベースラインから6週目までの平均変化量であったが、同剤とプラセボとの間に統計学的有意差が認められなかった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報