持続性Ca括抗薬「アムロジンOD錠」を発売 大日本住友製薬

2006年7月12日 (水)

アムロジンOD錠
アムロジンOD錠

 大日本住友製薬は7日、持続性Ca括抗薬「アムロジンOD錠2・5mg/5mg」(一般名:べシル酸アムロジピン)を新発売した。

 アムロジン錠は、高血圧症・狭心症治療薬で、日本国内では1993年に発売され、持続的な降圧効果と多数のエビデンスを有し、第一選択薬として広く処方されている。

 アムロジンOD錠の発売は、2008年3月の従来品の特許切れ及び対抗品への対応を目的としたもので、現行のアムロジン錠に同社独自の製剤技術(SUITAB)を適用した、Ca括抗薬としては初めての口腔内崩壊錠である。

 主な特徴は、[1]口腔内で速やかに崩壊し、水と一緒でも水なしでも服用可能[2]OD錠5mgは既存製剤よりも小さい[3]溶けやすく喉や食道につかえにくいため、嚥下力の低下した高齢者にものみやすい――など。

 薬価は、従来品同様にアムロジンOD錠2・5mg42・7円。同5mg80・5円。アムロジンOD錠の売上高は、今年度のアムロジンの目標570億円の中に含有されており、従来品のアムロジンをアムロジンOD錠に置き換えていく。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録