HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ロート製薬】医療用点眼薬市場に参入‐日本点眼薬研究所を買収

2019年11月18日 (月)

杉本雅史社長

杉本雅史社長

 ロート製薬は13日、医療用眼科点眼薬の後発品メーカー「日本点眼薬研究所」(本社名古屋市、社長上竹あゆみ氏)の全株式を取得し、子会社化すると発表した。買収金額は非公表。株式譲渡実行は来年3月1日を予定し、ロート製薬として国内の医療用点眼薬市場に初参入する格好となる。同日、大阪市内で会見したロート製薬の杉本雅史社長は、今回の買収について「日本点眼薬研究所の眼科用点眼薬における多くの技術とロートの技術がシナジーを生むことで、将来の医療用眼科医薬品への本格参入の核としたい」と意気込みを語った。

 日本点眼薬研究所は1961年に設立され、医療用眼科点眼薬の製造販売を主体に事業を行い、昨年度の売上高は56億1100万円。緑内障、ドライアイ、抗菌、抗炎症などの点眼薬後発品を取り扱い、全国7カ所の営業所を展開。眼科医への販売網を確立している。また、防腐剤無添加点眼薬のための「PFデラミ容器」について国内外で特許取得するなど高い技術力にも特長がある。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報