HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中医協各側が意見書】診療側「医療者に十分な手当を」‐支払側「診療所は利益率高い」

2019年12月11日 (水)

中医協各側が意見書

 中央社会保険医療協議会の診療、支払の各側は6日、次期診療報酬改定に関する意見書を総会に提出した。診療側は「地域の医療現場を支えるために医療従事者にも十分な手当を行うことで経済の好循環が達成できる」とし、医師等の働き方改革の推進に向けても診療報酬本体のプラス改定を求めたが、支払側は「国公立・公的病院以外の経営状況は概ね堅調。特に一般診療所は高い利益率を維持し、同一グループの保険薬局も店舗数が多いほど高い利益水準」と主張した。

 診療側は、医療経済実態調査の結果から、「医療機関等は総じて横ばいの経営状況となった」と主張。医療の質確保、患者ニーズの多様化に応えるため、一般病院、一般診療所共に様々な職種の従事者が増え、給与費率は上昇しているとし、適切な財源の確保を求めた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報