HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】重篤な副反応疑いは131件‐インフルエンザワクチンで報告

2020年01月15日 (水)

 厚生労働省は、2018年10月~19年4月末までのインフルエンザワクチン接種後の副反応疑い報告件数をまとめ公表した。重篤報告数131件のうち、死亡例が3件確認されたものの、いずれもワクチン接種との因果関係は「不明」「評価できない」とした。厚労省は、因果関係が必ずしも明確でない場合でも速やかに報告するよう医療機関に求めている。

 報告の詳細を見ると、製造販売業者からの重篤報告数は53件で、死亡例は確認されなかった。一方、医療機関からの報告数208件のうち、重篤報告数は78件あり、その中で死亡例が3件あった。

 重篤報告が見られた人を年齢別に見ると、0~9歳が40件、70~79歳、80歳以上が15件ずつ、30~39歳が12件だった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報