HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】小児誤飲、医薬品が2位‐18年度モニター報告

2020年01月16日 (木)

 厚生労働省は、2018年度の「家庭用品等に関する健康被害病院モニター報告」を公表した。小児の誤飲事故626件のうち、医薬品・医薬部外品は109件で、製品別では2番目に多かった。医薬品等による誤飲事故のうち、神経症状や消化器症状などの症状が約3割で見られたほか、入院を必要とする事例が最も多い製品となった。

 同報告は、家庭用品による事故を早期に発見して健康被害の拡大を防ぐことを目的としており、全国の小児科8施設等のモニター病院を対象に調査した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報