HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬】VR活用サービス開発へ‐精神神経領域で新ビジネス

2020年01月24日 (金)

馬場博之氏

馬場博之氏

 大日本住友製薬は、仮想現実(VR)を活用したヘルスケアソリューションの開発に乗り出す。医薬品以外の領域を含む新たな医療の確立を目的に昨年4月に発足した「フロンティア事業推進室」で、重点領域の精神神経領域などを中心に症状を緩和させるコンテンツを模索する方針だ。フロンティア事業推進担当の馬場博之常務執行役員は、「精神神経領域知見を活用し、提携先企業も含め、VRを用いた様々なソリューションを実際に検討している。臨床試験で症状緩和のエビデンスを構築していきたい」と中長期的な展望を語った。

 フロンティア事業推進室では、医薬品事業の知見をベースにデジタル技術を応用させ、予防や診断、治療後の介護期も包括した新しいヘルスケアソリューションの開発を手がけている。次期中期経営計画となる2023~27年の5カ年計画では、フロンティア事業で300億円の売上目標を掲げる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報