HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬】英ロイバントからの取得品‐野村社長「業績回復への足がかりに」

2020年02月13日 (木)

野村博社長

野村博社長

 大日本住友製薬の野村博社長は7日、大阪市内で記者会見し、英ロイバントから獲得したパイプラインの収益への影響について「コア営業利益は2021年度に底を打ち、以降は回復基調になる」と見通しを語った。大型化を期待する開発品を米国で21年度頃に上市する計画を見込み、業績回復への足がかりとしたい考え。今後、具体的な影響を精査した上で、22年度を最終年度とする5年間の中期経営計画の目標値を見直し、今年秋頃に発表する考えを示した。

 大日本住友は昨年、約3300億円を投じて英ロイバントから子会社5社とデジタル人材を獲得し、関連パイプラインを取得した。新たに設立された100%子会社「スミトバント」がホールディング企業となって、獲得した企業を束ねている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報