HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【小林製薬が新中計】22年に売上高1800億円超‐中国市場想定の製品開発へ

2020年02月17日 (月)

小林章浩氏

小林章浩氏

 小林製薬は、大阪市内で開いた2019年12月期決算説明会で、今年からスタートする22年までの新中期経営計画を発表した。「国際ファースト」をテーマに位置づけ、▽全社挙げて国際事業の成長に取り組む▽既存事業のレベルアップ▽ESG視点で経営を磨く▽イノベーションや新規事業創出の土台作り――を戦略骨子として取り組み、最終年となる22年には売上高1800億円以上、営業利益290億円以上を目指す方針を打ち出した。そのうち、国内事業は1354億円以上(年平均成長率3%以上)、国際事業は330億円以上(同10%以上)、通販事業は104億円(同2%以上)を掲げた。

 同社は、新中計策定の前提として、30年に連結売上高2800億円の指標を設定。小林章浩社長は、「グローバル経営を推し進めて各国で毎年新市場を創り、世界の困りごとを解決することで人と社会に貢献し、新市場を創造する企業として認知されつつある状態になりたい」と説明した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報