HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【NPhA】首藤副会長、20年度改定「全体的に好感」‐外枠の深掘り回避を評価

2020年02月18日 (火)

首藤正一副会長

首藤正一副会長

 日本保険薬局協会(NPhA)の首藤正一副会長(アインホールディングス)は13日の定例会見で、2020年度調剤報酬改定について、「全体的には好感を持った改定と受け止めている」と語った。最も評価できる点として「外枠の深掘りがなかったこと」を挙げ、次回22年度改定以降についても「地域支援体制加算における基本料1以外の薬局の要件がまだ厳しい。引き続き要望していきたい」との考えを示した。

 首藤氏は、20年度改定に対する全体の印象を「薬局機能の対物から対人への流れの中で、今回新設された加算の多くが医療機関との連携を伴う加算であり、地域医療を支えるために医療機関をはじめ、他の医療施設とも連携を密に行って、地域包括ケアシステムを一層進化させていくようにというメッセージだと捉えている」と語り、「会員薬局も含め真摯に向き合っていきたい」とした。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報