HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本BI】糖尿病薬で国内成長狙う‐青野社長「ジャディアンスを大型化へ」

2020年02月18日 (火)

青野吉晃社長

青野吉晃社長

 日本ベーリンガーインゲルハイム(BI)は、糖尿病領域の製品群と特発性肺線維症(IPF)治療薬「オフェブ」を成長ドライバーに、厳しい国内市場で成長を狙う。特にSGLT2阻害剤「ジャディアンス」は糖尿病患者の心血管リスクを低下させた臨床試験結果から、非糖尿病領域の市場で価値最大化を目指す。青野吉晃社長は、本紙のインタビューに対し、「ジャディアンスは、慢性心不全と慢性腎臓病の二つの疾患で第III相試験が進行しており、これらの適応追加を取得することで、心血管代謝系領域に寄与する薬剤として大型化させたい」と語った。

 日本BIは、心血管代謝系疾患、腫瘍疾患、呼吸器系疾患、中枢神経系疾患の四領域を重点に置き、事業展開を進めてきた。2018年度売上高は、主力の降圧剤「ミカルディス」の特許切れの影響で大幅な売上減となったが、糖尿病領域の売上高が600億円を突破した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報