HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬事日報調査で判明】新型肺炎が企業活動に打撃‐製薬各社で自粛、業績影響か

2020年03月02日 (月)

 新型コロナウイルス感染症の流行を受け、本紙は2月28日時点における国内製薬各社の企業活動に与える影響や対応をまとめた。中国に拠点を持つ企業の一部では、拠点閉鎖や営業活動に支障を来すなど大きな影響が出ていることが判明。国内でも、MR活動の制限や自粛が相次ぎ、業績への影響を懸念する声が聞かれた。刻々と変わる新型コロナウイルス感染症の流行に対応するため、アステラス製薬や武田薬品、日本イーライリリー、大日本住友製薬、協和キリンでは全社的な危機管理チームを立ち上げ、感染拡大予防と事業継続のための施策を実施していた。

在宅勤務や時差出勤増加

 今回の調査では、製薬企業25社から回答が得られ、一部企業からは新型コロナウイルス感染症による影響があるとの声が相次いだ。

 協和キリンでは2月10日から中国現地法人の活動を開始したものの、講演会の中止や営業担当者が病院を訪問できないなど事業活動に影響が出ているほか、韓国現地法人のMRについても病院への全面訪問禁止の措置を取った。日本新薬も北京事務所を一時閉鎖し、在籍者は原則的に在宅勤務が続いている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報