HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】PCR検査を保険適用へ‐新型肺炎対応、価格は1800点

2020年03月04日 (水)

 厚生労働省は2月28日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、ウイルスの有無を判断するPCR検査を今週半ばをメドに保険適用する方針を示した。保健所を通さずに各医療機関で検査可能となることで、急増する国民のニーズに応える狙い。価格は、施設内で検査可能な医療機関は1万3500円、検査機関に検体輸送の必要がある医療機関は1万8000円とした。加藤勝信厚労相は、「患者の診断や治療を目的に保険診療ができる体制を立ち上げる。国民の不安な声に応えるため、検査機関と医療機関の力を借りながら検査体制の充実を図りたい」との考えを示した。

 PCR検査では、患者の鼻や喉の粘膜から検体を採取し、検体内の遺伝子を増幅させてウイルスの遺伝子情報があるかどうかを確認する。厚労省によると、国立感染症研究所や検疫所などの公的機関、民間の検査会社などによる新型コロナウイルスに関する行政検査の実施件数は1日3800件以上としている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報