HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【鹿児島県薬】毎月健康教室で相談1.7倍‐薬局機能と相談件数に相関

2020年03月24日 (火)

 健康相談教室を毎月開催する薬局の来局者からの相談件数は、開催していない薬局に比べて1.7倍多いことが、鹿児島県薬剤師会が会員薬局を対象に実施した調査で明らかになった。2週間の調査期間中における相談件数は1薬局当たり平均17.1件で、100件以上の相談を受けた薬局も複数あった。服薬や検査値に関する相談が最も多く、一般用医薬品や残薬、生活習慣病・運動の相談も多かった。かかりつけ薬剤師の施設基準を満たす薬局では相談件数が多いことも分かった。

 鹿児島県薬は2019年度、厚生労働省の「地域における薬剤師・薬局の機能強化及び調査・検討事業」の一環として、薬局機能と相談件数の関連を調べた。会員薬局の管理薬剤師を対象に調査票を送信し、464軒の薬局から回答を得た(回収率54.6%)


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報