HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬/愛媛大】マラリアワクチン開発へ‐感染経路断ち撲滅目指す

2020年04月09日 (木)

大日本住友製薬のワクチン担当シニアフェロー・福島晃久氏

大日本住友製薬のワクチン担当シニアフェロー・福島晃久氏

 大日本住友製薬と愛媛大学は3日、米国の国際NGO「PATH」と3者で進めているマラリアワクチンの前臨床開発プロジェクトについて、日本発の官民パートナーシップ「グローバルヘルス技術振興基金」(GHITファンド)から研究助成を受けたと発表した。助成額は約5億円。ヒトから蚊への感染経路を断ちマラリア撲滅につながるワクチンで、世界初の実用化に向けて10年以内の上市を目指す。

 マラリアは、ハマダラ蚊が媒介する寄生虫病。吸血時に蚊からヒト、ヒトから蚊へとマラリア原虫が行き来して感染する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報