「グラニセトロン」のGE薬を発売 バクスター

2008年9月1日 (月)

 バクスターは、ジェネリック医薬品の5‐HT3受容体拮抗型制吐剤「グラニセトロン点滴静注液3mgバッグ『BX』」(一般名:グラニセトロン塩酸塩注射液)を発売した。

 グラニセトロン点滴静注液は、抗癌剤投与に伴う悪心・嘔吐などの消化器症状に用いられる制吐剤。発売された3mgバッグ「BX」は、点滴バッグにあらかじめ薬液が充填されているため、薬液を注射筒に移し替える必要がなく、感染や異物混入リスクを低減できる。また、バッグに薬剤名を記載し、薬剤の取り間違いにも配慮した。

 既にバクスターは、グラニセトロン静注液1mgアンプル、3mgアンプルを発売しており、新たに点滴静注液3mgバッグを加えて、ラインナップを強化した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録