HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【栄研化学】新型コロナ試薬キット、供給体制を強化‐月40万テストへ設備投資も

2020年05月12日 (火)

 栄研化学の和田守史社長は4月28日に開催した決算説明会で、4月に上市した新型コロナウイルス検出用試薬キットについて、「4月末時点で研究用試薬も含めると全国の保健所や病院などに約8万テスト分出荷した」と明らかにした。「出荷と同時に注文が入っている状況であり、現在は月に20万検体分のセットが必要だと考えている。専用装置も新たな医療施設からの注文が出ていることを考えると、最終的には月40万テストの供給が必要になってくる」と述べ、供給体制を強化する考えを示した。

 同社は、独自の遺伝子増幅技術であるLAMP法を用いた新型コロナウイルスの検出キットの開発を進め、3月に研究用試薬、4月に体外診断用医薬品として販売している。検体から抽出したRNAから35分で新型コロナウイルスを検出でき、PCR法といったこれまでの検査法と比べ、検査工程を簡易化している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報