HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省調査】「三密」の回避実施は5割‐テレワーク率には大きな差

2020年05月13日 (水)

 厚生労働省は、LINEと協力して3月31日から実施した「新型コロナ対策のための全国調査」の3回分の結果をまとめ、公表した。人がたくさん集まっている場所に行かない(密集)など「三密」の回避を実施している都道府県の割合は4月12~13日時点で全国平均約51%となり、緊急事態宣言の発令前から2割以上増加した。三密の中では、近い距離で会話をしない(密接)を実践できている割合が最も小さかった。また、テレワークの実施率は、東京都の約52%から島根県の約3%まで大きなバラツキがあることなども明らかになった。

 調査は、新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に役立てるため、LINEユーザーにアンケートを行ったもの。今回、3月31日~4月1日の第1回、4月5~6日の第2回、4月12~13日の第3回調査の分析結果を公表した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報