HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【英ヴィーブヘルスケア】HIV感染予防で好結果‐「カボテグラビル」の中間解析

2020年05月26日 (火)

 塩野義製薬などが出資して設立された英ヴィーブヘルスケアは、「カボテグラビル」のHIV感染予防効果を検証する臨床試験の中間解析で好結果が得られたと発表した。同剤を2カ月に1回筋肉注射で投与した群は、既存のHIV感染予防薬を1日1回経口投与した群に比べて優れた予防効果を示した。

 良好な結果を受け、米国のデータ安全性モニタリング委員会(DSMB)は、臨床試験の早期終了を勧告した。同社は、今回のデータに基づいて承認を申請する計画だ。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報