HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【KMバイオロジクス】コロナワクチン開発着手‐今年度中に非臨床試験終了

2020年05月26日 (火)

 KMバイオロジクスは22日、日本医療研究開発機構が実施する創薬支援事業の公募研究開発課題に採択されたのを受け、新型コロナウイルス感染症ワクチンの開発を開始すると発表した。国立感染症研究所、東京大学医科学研究所、医薬基盤・健康・栄養研究所との協業を通じて、新型コロナウイルス感染症に対する不活化ワクチンを開発する。今年度中に非臨床試験を終了し、良好な結果が得られれば、速やかに臨床試験を開始する予定。

 同社は、明治ホールディングス子会社のワクチンメーカーで、インフルエンザ、四種混合、日本脳炎などのワクチンを供給している。新型インフルエンザウイルスに対しても、パンデミック発生に備えた模擬ワクチンの製造販売承認を取得し、国民の約半数に相当する5700万人分の供給が可能な生産基盤を持つ。パンデミックワクチンを早期に供給できる体制から、新型コロナウイルス感染症に対する不活化ワクチンの開発を開始することにした。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報